当店は地酒・本格焼酎・ワイン・梅酒等と伝統食品の店です
お電話でのご注文 水曜定休
受付時間 10:00〜18:00
FAX でのご注文はこちら
24時間受付中
 
お 燗 の す す め
 日本酒は冷たくしても、常温(一般に冷や)でも、また温めてもおいしくいただける、世界でも珍しいお酒です。なかでも、温める飲み方は、まさに日本の風土に生まれ、日本の食文化とともに育まれた、独特の飲酒スタイルといえます。お燗の習慣は、江戸時代中期以降一般的になり、今日まで続いています。

 お燗は、からだを温める効果のほか、お酒の味わいをまろやかにしてくれます。さらに、おいしいお燗は、料理の味をひきたて、食事をいっそう楽しくすることでしょう。

お燗の適正温度と日本酒のタイプ

お燗のお酒のおいしさは、温度で決まります。その温度は、お好み次第ですが、
一般的には「人肌燗」〜「上燗」が美味しいといわます。熱すぎるお燗は、
お酒の味と香りのバランスを崩してしまうのでご注意下さい。


下の表は酒のタイプと適正温度を表しています。一つの目安にはなると思います。
一般的な呼び方 適正温度 純米大吟醸酒 大吟醸酒 吟醸酒 純米吟醸酒 純米酒 本醸造酒
熱燗(あつかん) 50゜〜55゜
上燗(じょうかん) 45゜〜50゜
ぬる燗(ぬるかん) 40゜〜45゜
人肌燗(ひとはだかん) 35゜〜40゜

日本酒は、温度を上げていくと、一般に、舌ざわりがなめらかになり、甘み、酸味、苦味のバランスが良くなって旨味を出します、しかし、しっかりとした乳酸やコクがないのに温度を上げると、アルコールが舌を刺し、味が薄くなってしまいます。(アルコールが蒸発するため・一般にはよく「アルコールが飛ぶ」と言いますね)

また、大吟醸や吟醸に多い、フルーティな香りが立つタイプも燗には不向きといえます。
燗をすると香りが飛んでしまったり香りの質が変化するからです。

ですから、燗に向くお酒は、しっかりした旨味や乳酸を持っている純米酒や山廃造りのお酒、旨みのある本醸造などです。また純米大吟醸や純米吟醸のなかにも上立ち香よりも、味わいを追求したタイプには、燗に向くものもあります。自分好みの燗酒を探すのも、お酒好きの楽しみの一つだと思います。

燗 に 向 く お す す め の お 酒

梅乃宿 特別純米酒 「温」

 米本来のやわらかな旨味と香りを存分に引き出したお酒です。冷で旨く、燗にしてさらに冴える飲み心地のよい燗上がりする純米酒。

 おだやかで落ち着いた香りがします。含むとふわっとしたやさしさとほのかな甘味。そして米の持つ旨味がゆっくりと開いてくるのが実感できます。安心する味とでも表現しましょうか。口当たりがとても心地良いので、ついピッチが上がりそうです。

お燗にしますと、ふくよかで豊かな香りが広がりふっくらとした旨味が口中で広がります。のどごしも極めて滑らかでスルスルと入ります。余韻もとてもやさしいです。

最後に、この味わいながら税込み2,000円を切ったお手頃価格。毎日の晩酌に。そして料飲店さんなら定番燗酒にぜひおすすめです。

原料米(麹) 山田錦 精米歩合 65%
原料米(掛米) ヒノヒカリ 精米歩合 65%
日本酒度 +4 酸度 1.3
アルコール度 15〜16度 酵母 自家培養酵母

1800ml 1900円
数量
表示価格は、本体価格です。



篠峯(しのみね) 「遊々・ゆうゆう」 山田錦・純米
 [奈良県産]

 お米は奈良県産の山田錦を使用。自家精米で丁寧に米を磨き、特に掛米は扁平精米したものを使用。酒蔵でゆっくりと熟成し、落ち着きと丸みのあるお酒になりました。

穏やかな香りとなめらかな喉ごしで、飲み飽きしない心暖まるお酒です。そしてこのお酒は、アルコール度14.8度というやや低めの度数ながら、まったくそれを感じさせないしっかりとした味わいを堪能出来ます。他の市販の14度代のお酒とは、はっきりと一線を画す出来映えです。冷やはもちろんお燗をつけても美味しくいただけます。その上お手頃な価格で、コストパフォーマンスの高さは際立っていると思います。

雑誌:オレンジページ・料理本「米の酒はおいしい」の一升2000円台で、お燗にも向く純米酒のコーナーで紹介されました。

原料米 奈良県産山田錦 精米歩合 65%
日本酒度 +2 酸度 1.6
アルコール度 14.8度 酵母 協会9号系

1800ml 2100円
数量
表示価格は、本体価格です。



「楽酔」(らくすい) 純米吟醸 [奈良県産]
・・・あべたやオリジナル・・・

適度な低温熟成によるテリと艶のある薄黄金色。輪郭のはっきりした吟醸香がストレートに立ち上がる。軽快で心地良い酸をベースにキレのよい旨味が表われ、シャープに喉にすべり落ちます。タイプ的には、晩酌向けに食事と共に楽しんでいただきたいとやや辛口に仕上げてあります。

手頃な価格ながら、冷やでも燗でもいけるオールマイティの純米吟醸酒を飲んで、楽しく酔って頂きたいと梅乃宿酒造さんにお願いし、高品質でお手頃価格を目指した当店のオリジナル酒です。

原料米 山田錦/北錦 精米歩合 55%
日本酒度 +6 酸度 1.4
アルコール度 16.3度 酵母 自家培養酵母 

720ml 1000円
数量
1800ml 2000円
数量
表示価格は、本体価格です。



梅乃宿 鳳来 純米吟醸 備前雄町 27BY

雄町米の奥深いボディ感を保ったまま、爽やかな飲み口を実現した純米吟醸酒です、冷でも燗でも呑めるタイプです。

◎冷の特徴(5度)
吟醸香一辺倒ではなく、雄町米独特の落ち着いた香りを楽しむことが出来ます。飲み口はスッキリ系ですが、余韻で米麹の旨みを感じることができ、舌触り滑らかです。

◎燗の特徴(45度〜55度)
冷やでは控えめであった酸味と旨味が45度まで温めることで、一気に開花し、舌の上で酸味の粒子が柔らかく解けるのが伝わってきます。50度まで上げると米の旨味と酸味が融合し、45度の時よりも更に滑らかになります。米の旨味重視の方は45度、滑らかさ重視の方は、50度〜55度がおすすめの温度帯です。

★蔵元より
このラベルは奈良県にある「社会福祉法人ひまわり」で1枚1枚丁寧に手作りされた手すき和紙(牛乳パックの再利用)で出来ています。ラベルデザインも同施設のメンバー方によって描かれました。このお酒を通じ、梅乃宿の経営理念の一つある地域社会への貢献活動をより身近に感じて頂き、皆様のご理解が一層深まることを願っています。

原料米 備前雄町 精米歩合 60%
日本酒度 −0.7 酸度 1.7
アルコール度 16度 アミノ酸度 1.0

1800ml 2400円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



大七 純米 生もと


 生もと造りの決定版と世評の高い大七の純米生もと。当代随一の名工たちが腕をふるいます。豊かなコクと旨味、酸味が完全に解け合い、後味のキレも良し。燗をつければつつみ込まれるような、心に染み入るおいしさです。その上1年熟成させたのちに出荷。

『香りは、白い花や白桃のコンポートのような上品な香りに、ミネラル香、そして生もと特有のクリーム系の香りと、ほのかに海のヨードの香りを感じる。味わいは、まろやかでバランス良く、余韻に心地よい旨味と酸味がコクを与えている。』
(田崎真也氏・dancyu2001年3月号より)

 また日経新聞のNIKKEIプラス1『何でもランキング』において、“お燗にすると美味しい日本酒”の第一位に、大七「純米生もと」が選ばれました。二位以下に2倍以上の点差をつけて第一位に選ばれた「純米生もと」は、審査員から「しっかりした味わいとコク」、「サーモンのハラスなど脂ののった食べ物に合う」などと評されました。

などなど、このお酒を評価する言葉は限りないほど。飲めば納得の味わいです。

原料米 五百万石 精米歩合 扁平精米69%
日本酒度 +3 酸度 1.6
アルコール度 15度

720ml 1228円
数量
1800ml 2457円
数量
表示価格は、本体価格です。



睡龍 生もと・純米酒 加水瓶燗火入 [奈良県産]


 グラスに注ぐとほんのり黄色みがかった色をしています。生もと仕込みらしい、クリーミィーでナッツを思わせる香りが立ち上がります。少しスパイシーな酸のある香りも感じられます。

口当たりはとてもソフトで飲みやすい。しかし薄っぺらなお酒ではなく、旨味もあわせ持つ。そしてキレの良さ。

▼生もと造り▼
江戸時代に始まる伝統的な製法で、蒸米と麹と水のみで仕込み、天然の乳酸菌を活性化させた環境で酒母を育てる。近代的な「速醸もと」の造りに比べて倍以上の時間を要し、管理もむずかしい。特に久保本家では、35日〜40日もの長期間に渡り、もと造りをしています。

原料米 山田錦/アキツホ 精米歩合 65%
日本酒度 +9.5 酸度 1.7 
アルコール度 15〜16度 酵母 協会7号

720ml 1428円
数量
1800ml 2857円
数量
表示価格は、本体価格です。


生もとのどぶ 純米にごり 加水瓶燗火入
・・・ 雑誌「食楽」にて、燗酒 第3位 ・・・

生もと造りの純米酒のにごり酒です。こちらは目の粗いふるいで越し、加水(水を加えてアルコール度を調整すること)し、瓶詰めしたあと、にごり酒の風味を損なわないよう丁寧に瓶燗(火入れ方法)しました。

香りは、少し乳酸系の香りとすがすがしさを感じる香りもある。口当たりはやさしくて軽快だ。薄っぺらくはないのだが、いくらでも飲めそうなほど、クイクイと喉に入る。

またこの酒は、燗にすると旨味とキレが絶妙な味わいで楽しめます。実は、漫画家の尾瀬あきら先生(「夏子のお酒」ほか著書多数」)も絶賛されています。

現在、販売中の「生もとのどふ」のBYとタンクNO 日本酒度
720mlは、27BY・仕込みタンク19号・日本酒度+13 (辛口)
1800mlは、28BY・仕込みタンク10号・日本酒度+10 (辛口)
BYとは(醸造年度)

原料米 五百万石/アキツホ 精米歩合 65%
日本酒度 タンク番号により異なる 酸度 タンク番号により異なる
アルコール度 15度 酵母 非公開

720ml 1523円
数量
1800ml 3048円
数量
表示価格は、本体価格です。

百楽門 特別純米 超辛口 「冴」 28BY 

 やや落ち着きのある香り、含むと円やかなコクと旨味がゆっくりと広がる。日本酒度+10の辛口ですが、含むとそれほどの辛さは感じません。米の旨味もしっかり感じるキレの良い辛口です。

冷やしても良いですが、お燗にしても旨いです。幅広い温度帯で楽しめるお酒です。

◆蔵元より
◎15℃〜25℃
 青リンゴの様な香りと酸味。うま味が感じられます。
◎30℃〜40℃
 ピリッとした辛口の中に、米の旨味とコクがあります。
◎45℃〜50℃弱
 良いです!バランス良く、喉ごしも爽快です。
◎50℃〜60℃
 コクがありながら。軽快で爽やか!透明感のある飲み口。いけます。

原料米 備前雄町 精米歩合 60%
日本酒度 +10 酸度 1.5
アルコール度 16度 酵母 非公開

720ml 1300円
数量
1800ml 2600円
数量
表示価格は、本体価格です。



旦 山廃純米吟醸 火入れ 27BY

上立ち香は少ない。澄んだきれいな色をしている。含むとやや軽快でクリィーミィな旨みが広がる。いわゆる山廃らしさは感じられない。喉ごしはなめらかできれいだがも後口にやや渋味と酸味を残します。

燗酒にすると乳酸系の香りが立ち、口当たりはさらになめらかです。温めると少し山廃らしさが出てきます。

下記の26BYと飲み比べても面白いです。

原料米 備前雄町 精米歩合 55%
日本酒度 -2.0 酸度 1.7
アルコール度 16〜17度

720ml 1621円
数量
1800ml 3241円
数量
表示価格は、本体価格です。




初めての方は、ぜひご覧下さい。ご注文の方法などです。 送料やお届けに関することです。 お支払いの方法についてです。
  ご注文の方法から、お届けまでを
   ご案内しています。
  送料や配達ご希望日の指定
   ギフト対応についてのご案内。
  各種お支払い方法についての
   ご案内をしています。
  お支払い規約   返品・交換について   プライバシー&個人情報について

トップページへ
大和の美酒へ 全国の美酒へ 焼酎リストへ