当店は地酒・本格焼酎・ワイン・梅酒等と伝統食品の店です
お電話でのご注文 水曜定休
受付時間 10:00〜18:00
FAX でのご注文はこちら
24時間受付中
 

辛 口 の お 好 き な 方 へ

鉄楽人 (てつらくじん) 純米吟醸 辛口 
・・・取り扱い店限定酒・・・

 梅乃宿の裏バァージョンのお酒で、限られた酒販店のみの取り扱いです。最大の特徴はとびっきりの辛口ということ。本醸造や普通酒のように醸造用アルコールを添加して辛口を造るのは、ある程度、可能だそうですが、米だけの純米系でこれだけの辛口を造るのは、かなりむつかしいようです。

通常お酒は発酵している段階では純米なのです。アルコール添加酒は、搾る直前にアルコールを添加するのです。ですから日本酒度が−2のお酒でもアルコールを添加することで+3や+5にすることは可能なのです。

透明感のあるシャープな口当たりのあと、輪郭のはっきりした軽快な米の旨味が表面に出て来て、スウッとキレていきます。とびっきりの辛口なのにちゃんと米の旨味を体験出来るのは、純米だからです。アルコール添加の辛口酒のようにピリピリしたアルコールによる舌の刺激はなく(純米だから)、辛口好きの方はもちろん、辛口の苦手な方でもすんなり入る酒質なっています。料飲店でも大人気のお酒です。

原料米 山田錦/アケボノ 精米歩合 50%
日本酒度 +18 酸度 1.5
アルコール度 16.3度 酵母 自家培養酵母 

720ml 1250円
数量
1800ml 2500円
数量
表示価格は、本体価格です。



梅乃宿 純米辛口 「辛」


 抜群のキレ、軽快なのどごしのあとに、きりっとした旨さが心地良い辛口純米酒。

 透明感のある香りが立つ。口当たりはやさしいが輪郭のはっきりしたシャープな旨味。その後じわじわ〜と辛さが出現してくるようだ。コンセプト通りにキレはバツグン。

ただ辛さだけを追求するのではなく辛さの中にも旨味のある酒を目指し醸したと蔵元が話すように、しっかりした旨味をも併せ持っています。

少し冷やしてもそのまま常温でも、また燗にしても楽しめる、適応範囲の広い辛口としておすすめします。

原料米(麹) 山田錦 精米歩合 65%
原料米(掛米) ヒノヒカリ 精米歩合 65%
日本酒度 +13 酸度 1.7
アルコール度 16〜17度 酵母 自家培養酵母

720ml 1100円
数量
1800ml 2200円
数量
表示価格は、本体価格です。



春鹿 山廃純米 超辛口原酒 「鬼斬」(おにきり)

 春鹿の「鬼斬」(おにきり)は、旨味のある超辛口を目指し、深みのある旨口、キレのある味わいに挑戦した意欲作です。

 「鬼斬」は、手間のかかる古法、山廃仕込みで仕込んだ純米酒の原酒を低温にて一年半、じっくり熟成させてから発売されます。

おだやかで落ち着いた香りがします。お酒の色は程よい熟成を感じさせる、やや黄金色。まず初めて口に含んだ印象は、思ったよりずっとソフト。しかしそこからググッと辛さが表れてきます。山廃だから旨味もたっぷり。そして正に、斬るようにキレていくのど越し。

さすが辛口の春鹿!上手だと感心する出来。冷でも燗でも楽しめます。

原料米(麹米) 山田錦(兵庫県産) 精米歩合 58%
掛米(麹米) 神力(熊本県産) 酸度 1.7
日本酒度 +13 酵母 春鹿4号・5号
アルコール度 18.0〜18.9度

720ml 1400円
数量
1800ml 2800円
数量
表示価格は、本体価格です。



三重錦 超辛純米 生酒

 フレッシュでスマートな香り、含むとメロン系の香味が生き生きと広がる。旨味もしっかり、そして何よりキレの良さ。シャープにすべり落ちた後、ふっ〜と辛さの余韻が残る。

こんな辛口、初体験です。フルーティな含み香を持つがゆえ、黙って出せば誰も辛口と感じないかも。しかし飲んだ後口に辛さを感じます。キレの良さで食中酒として、うってつけでしょう。

蔵元曰く、「ただの辛いだけの酒じゃなく、飲んで美味しい辛口を目指した。ピリビリしただけの辛さなら焼酎で十分でしょ。この酒を飲んだ方は、最初含んだ時は甘いなぁ、そして飲んだ後に辛いと感じる方が多いです。」とのこと。

フルーティな辛口酒。今までにない新しい辛口酒を予感させる1本です。どうぞお試し下さい。

原料米 八反錦 精米歩合 60%
日本酒度 +10 酸度 1.9
アルコール度 16〜17度 酵母 7号酵母

720ml 1300円
数量
1800ml 2600円
数量
表示価格は、本体価格です。




初めての方は、ぜひご覧下さい。ご注文の方法などです。 送料やお届けに関することです。 お支払いの方法についてです。
  ご注文の方法から、お届けまでを
   ご案内しています。
  送料や配達ご希望日の指定
   ギフト対応についてのご案内。
  各種お支払い方法についての
   ご案内をしています。
  お支払い規約   返品・交換について   プライバシー&個人情報について



Q:日本酒度ってなんですか?
◆東京都のMさんより
 日本酒度:日本酒に含まれている糖分の分量を比重で表した日本酒独特の単位で、日本酒度計という浮秤(うきばかり)で計ります。
4度Cの純水の比重をゼロとし、これより比重が大きいものをマイナス、小さいものをプラスにします。糖分が、多いと比重は大きくなり、日本酒度はマイナス(甘口)になります。

反対に、辛口の場合はプラスに傾く。また、日本酒度の辛みはアルコールに由来するため、アルコール度の高い酒はプラスの数値が大きくなります。

平成3年のデータですが、日本酒の平均日本酒度は、+3です。現在はやや辛口傾向にあるといえます。



Q:お酒の甘口辛口って良くわからないので教えてください。
◆神奈川県のさんより
 まず結論から申し上げますと、お酒は嗜好品ですから、甘口の日本酒とは、飲んだ時に
甘く感じたお酒で、辛口の酒とは、その反対に飲んだ時に辛く感じた酒のことです。
「そのまんまやないか!」とお叱りをうけそうですが、もう少し読んで下さい。

日本酒の甘みは主として、日本酒に含まれるエキス分の中に含まれるぶどう糖やグリセ
リンに由来し、辛みはアルコールに由来します。
ですから、酒の成分上からは、一見、糖分が多ければ甘口のお酒となり、少なければ
辛口のお酒となるはずですが、必ずしもそうではありません。かりに糖分の含量が同じ
でも、アルコール度が高いお酒は辛く感じるからです。
この糖分とアルコールのバランスを比重の数値で表したのが「日本酒度」です。
(よくお酒の裏ラベルに記載されています。)比重の重い糖分の含量が多ければ(−)
マイナスの数値が大きくなり(甘口)、比重の軽いアルコール分が多いと(+)プラス
の数値が大きく(辛口)になります。
ただ「日本酒度」は、甘い辛いを簡単に表現する指標として広く用いられていますが、
本来、お酒の甘辛は人間の官能による判断ですから、「日本酒度」の数値と人の感じ方
は必ずしも一致しません。

人間の感じるお酒の甘辛には、糖分とアルコール分のほかに、そのお酒に含まれている
酸の含量が大きくかかわっています。
日本酒には、乳酸やコハク酸、リンゴ酸などで、お酒に酸味や旨みをもたらしています
が、これらの酸味成分が多い少ないかによっても、甘辛の程度は変わってきます。
たとえば、アルコール度数、糖分ともに同じお酒でも、酸が多いお酒は辛く感じますし
少ないと甘く感じます。
また、舌は冷たい酒のほうが甘みを感じにくく、温かいとより強く感じます。
一般に燗酒が甘く感じられるのは、そのためです。

このように、日本酒の甘口、辛口を構成する要素は複雑に絡み合っていますので、
一つの数値だけで、決めつけることは出来ません。
甘辛の判断は多分に主観的なものなので、人によってその判断が異なるのは、当然の
ことといえます。

トップページへ
大和の美酒へ 全国の美酒へ 焼酎リストへ