当店は地酒・本格焼酎・ワイン・梅酒等と伝統食品の店です
お電話でのご注文 水曜定休
受付時間 10:00〜18:00
FAX でのご注文はこちら
24時間受付中
 

櫛羅・篠峯(くじら・しのみね) 御所市櫛羅 千代酒造



 大和平野を一望する葛城山の山懐、櫛羅に蔵があります。
代表銘柄の「櫛羅・篠峯(くじら・しのみね)」は、低アルコールや発泡酒、日本酒ベースのリキュール等、従来の日本酒の枠にとらわれない酒が増えてきた現在、より基本に戻り、酒が米から造られることにもっと多くの感心を寄せてもらうことが日本酒を見直すことにつながる。とのコンセプトを元に発売されました。

「櫛羅」は全量、御所市櫛羅産山田錦を使用。「篠峯」についても奈良県産山田錦と備前雄町だけを使用します。将来は全て奈良県産の酒米での醸造を目指しています。原料の米作りから取り組む酒造りです。

本来、米の出来や気候の違いによって出来るお酒は、毎年微妙に異なるものです。それも楽しみの一つとして、お酒に親しんで頂けたらと蔵元は語ります。櫛羅・篠峯以外の作品は、千代と言うブランドで販売されています。

特定名称比率:100%、純米比率:97%、生酒比率:70%



商品のご紹介

篠峯 愛山 純米大吟醸 無濾過生酒
 29BY

 ややフルーティな香りが立ち上がる。含むと上品でしっとりした口当たり、やさしく広がる含み香も心地よく、のど越しは、流れるように滑り落ちる。余韻はしっとりした潤い感。とても上品でやさしい千代酒造のレベルの高さを感じる秀作。

発売時の「春」はまだ少し硬い感じがしますが今後、時の経過とともにゆっくりと味わいが乗り、香りや旨味は更にふくらみ豊かになってゆくでしょう。

◆蔵元より
 あえて協会9号酵母で醸すことで、シンプルな香りの純米大吟醸に仕上げております。魅力は愛山米が持つ力を素直に9号酵母で引き出している事。空気と触れ合う事でよりその魅力が発揮される力強さがある事です。

45%まで磨いているので味の輪郭も非常にクリアで上品、味の中心部分にはキュートな甘味があり、存在感を発揮しています。希少な愛山米で醸した、あくまで篠峯らしい「愛山」の純米大吟醸です。

 「愛山・あいやま」は、 兵庫県加東郡社町で単独栽培される酒造好適米。人気銘柄、山田錦・雄町の血が継承されている。奨励品種には採用されなかったが、農家が種子を増殖し、愛山と命名して栽培。近年は毎年30ha台で推移する。玄米は大粒で、山田錦と同等ないしはそれ以上の千粒重と心白率を有する。近年、十四代や磯自慢などが使用し一躍注目を浴びる酒米となった。

原料米 兵庫県産愛山 精米歩合 45%
日本酒度 +6 酸度 1.9
アルコール度 16度 酵母 協会9号

720ml 2500円
数量
1800ml 5000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 雄町 純米大吟醸 中取り生酒 29BY
・・・ Type 9 ・・・

 岡山県の赤磐産の雄町米を使用し、50%以下になるまで米を磨き、中取りと言われる、最も香味が安定する部分のみを生酒のまま瓶詰めしたした純米大吟醸です。

 フルーティでやや甘い香りが立つ。口当たりはとてもやさしく含んでいると、チャーミングな含み香と活き活きした旨味が口中に広がる。滑らかに喉に滑り込んだ後、やさしくて綺麗な甘みの余韻を残します。全体のバランスが良く、軽快さと円やかな旨味の両方を持ち合わせ、この酒のレベルの高さを印象付けます。

酵母は協会9号酵母を使用。透明感がありキレの良い仕上がり。洗練された雄町の風味、吟醸香も上品で雄町好きにはたまらないお酒に仕上がっています。

原料米 赤磐雄町 精米歩合 50%
日本酒度 +6 酸度 2.0
アルコール度 16.度 酵母 協会9号

720ml 2000円
数量
1800ml 4000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 凛々 純米吟醸 うすにごり生酒 28BY

 フレッシュ&フルーティな香り、含むと少しピチピチ微発泡でみずみずしく、しかも軽快でふわっとしたやわらかな舌触り、続いて上品な甘味と旨味が感じられ、爽やかに喉を通り過ぎます。

透明感のあるきれいな口当たりながら、心地良い果実感と、うすにごりのよる爽やかな酸が混ざり合いふくらみのあるコクもある。フレッシュで伸びやかな酒質でグイグイ飲めてしまいます。

◎蔵元より
雄町米は、岡山県赤磐地区瀬戸町産の「赤磐雄町」を全量使用致します。瀬戸町の田んぼは、山間砂地土壌の田んぼで、生産者は毎年雄町を使用している酒蔵に見学に行くなど、非常に熱心な農家の方が良質の雄町米を栽培しております。非常に入手の難しい「赤磐雄町米」です。今期は、この仕込みに限らず、洗米と浸漬を見直し精度を上げており、よりクリアな味わいを実現できております。

原料米 赤磐雄町 精米歩合 60%
日本酒度 +6.5 酸度 2.0
アルコール度 17度 酵母 協会9号

720ml 1500円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 夏凛 雄町 純米吟醸 無濾過生酒 29BY

 千代酒造さんには、定番の純米吟醸酒に「凛々」という無濾過の生酒があります。このお酒は、その凛々とベースは同じですが、夏向きに爽やかに仕上げたお酒です。

全量を貴重な赤磐雄町を用い、微発泡感も心地よく、引き締まった旨さが特徴の夏酒です。

フレッシュな香り、含むとシュワシュワしたガス感。口中では軽快でシャープな旨みが爽やかに広がる。そしてキレキレの喉ごしと後口のドライ感。飲み込んだ後にじわっ〜と辛さを感じます。

正に夏の酒という味わい!、しっかり冷やして、このみずみずしく軽快でドライな味わいをお楽しみ下さい。

原料米 赤磐雄町 精米歩合 60%
日本酒度 +6.5 酸度 1.9
アルコール度 15.8度 酵母 協会9号系

720ml 1400円
数量
1800ml 2800円
数量
表示価格は、本体価格です。



篠峯 愛山 純米 秋あがり 一火原酒 29BY

 フレッシュな香り、含むと上品な旨味と篠峯らしい引き締まった酸でシャープにキレる。少しお酒の温度が上がると甘い香りを漂わせ、口当たりもソフトになる。相変わらずキレは良く。食中酒として秋の食材と共に楽しみたいお酒に仕上がっています。

◎蔵元より
希少な愛山米を全量使用した一回火入れの原酒です。華やかな香りの吟醸タイプではなく、9号酵母で醸すことで酸と甘みのバランスの取れた食事に合わせやすい食中酒タイプのお酒です。洗練された酸味と愛山米ならではのボリューム感のある上品な「甘味」がバランス良く味わえ、燗にしても優しい丸い味わいもお楽しみ頂けます。


「愛山・あいやま」は、 兵庫県加東郡社町で単独栽培される酒造好適米。人気銘柄、山田錦・雄町の血が継承されている。奨励品種には採用されなかったが、農家が種子を増殖し、愛山と命名して栽培。近年は毎年30ha台で推移する。玄米は大粒で、山田錦と同等ないしはそれ以上の千粒重と心白率を有する。近年、十四代や磯自慢などが使用し一躍注目を浴びる酒米となった。

原料米 兵庫県産愛山 精米歩合 66%
日本酒度 +6.5 酸度 2.1
アルコール度 16度 酵母 協会9号

720ml 1500円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 雄町 純米吟醸 秋色生酒 山廃仕込 29BY

立ち上がる香りに、いわゆる山廃臭はなく、やや甘い香りが漂う。含むと透明感のあるやさしい甘味が口中に広がり、その後上品な酸でスッと切ってゆき、後口にドライ感を残します。

香り、含んだ時の味の広がり、キレの良さ、そしてサッパリした後口と非常にバランスの良い秀作です。

◎蔵元より
「雄町 秋色生酒」は赤磐雄町と協会7号酵母で醸したお酒を氷温で5ヶ月間寝かせたお酒です。今期は山廃酒母で仕込んでおり、より複雑な旨みとキレがあり、雄町米のふくらみのある味わいをシャープな辛さで後口で切ってくれるお酒です。氷温貯蔵で、十分に角が取れ旨みも乗ってきていますので、これからの季節の食材にもピッタリです。飲めばお腹の空く、食欲の出る「食中酒」です。

原料米 赤磐雄町 精米歩合 60%
日本酒度 +10 酸度 2.4
アルコール度 17度 酵母 協会7号

720ml 1500円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 ろくまる 雄町 無濾過生酒 晩秋旨酒 29BY

篠峯の「ろくまるシリーズ」の中で、最も人気の高いのお酒です。春に上槽(お酒を搾る事)してから、氷温−5度で丁寧に熟成された円やかな旨味の乗ったお酒です。

フルーティな香り、含むと少しピチピチ微発泡でみずみずしく、しかも軽快でふわっとしたやわらかな舌触り、続いて上品な甘味と旨味が感じられ、爽やかに喉を通り過ぎます。

透明感のあるきれいな口当たりながら、心地良い果実感と爽やかな酸があり、伸びやかな酒質。ほんまに美味しいです。

今年の出来も素晴らしいです。この秋に入荷したお酒の中でも一押しと言えるお酒です。

原料米 赤磐雄町 精米歩合 60%
日本酒度 -2 酸度 1.8
アルコール度 16度 酵母 明利系

720ml 1500円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 純米 山田錦 超辛 無濾過生酒
 29BY

 透明感のある香りと爽やかな酸のある香り。開けたては、ほんの少し発酵中のガスが残っていてかすかにシュワとしている場合もあります。

口当たりは上品です。「あれっ?コレ辛口!」なんて思うほどです。きれい酸が全体を引き締めていてシャープな印象を与えています。そしてキレ味バツグンの喉ごし。

その後余韻にじわっ〜と辛さを残します。旨くてキレが良くてさすがだと感心してしまうほどの出来栄えです。

お酒だけでも楽しめ、食中酒としては、幅広いお料理と相性が良くレベルの高い人気の辛口酒です。篠峯の数あるラインナップの中で、人気NO.1のお酒でもあります。

原料米 山田錦 精米歩合 66%
日本酒度 +10 酸度 2.0
アルコール度 17.2度 酵母 協会9号

720ml 1350円
数量
1800ml 2700円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯(しのみね) 「遊々・ゆうゆう」 山田錦・純米


 お米は奈良県産の山田錦を使用。自家精米で丁寧に米を磨き、特に掛米は扁平精米したものを使用。酒蔵でゆっくりと熟成し、落ち着きと丸みのあるお酒になりました。

穏やかな香りとなめらかな喉ごしで、飲み飽きしない心暖まるお酒です。そしてこのお酒は、アルコール度14.8度というやや低めの度数ながら、まったくそれを感じさせないしっかりとした味わいを堪能出来ます。

他の市販の14度代のお酒とは、はっきりと一線を画す出来映えです。冷やはもちろんお燗をつけても美味しくいただけます。その上お手頃な価格で、コストパフォーマンスの高さは際立っていると思います。

原料米 山田錦 精米歩合 60% 77%
日本酒度 +3.5 酸度 1.4
アルコール度 14.5度 酵母 協会7号系

1800ml 2100円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 ろくまる 八反 うすにごり生酒 29BY

使用するお米の精米歩合が60%であることから命名された「ろくまるシリーズ」。その「ろくまるシリーズ」の中でも、人気の高い「八反 うすにごり」バージョンです。

フレッシュで爽やかな香り、開けたてはほんの少しピチピチとガス感を感じ、ジューシーでみずみずしい味わい。新鮮な酸味が全体を覆いキレもよい。開けたてより少し時間が経った方が、角が取れて美味しくなると思います。ゆっくり飲んで下さい。

◎蔵元より
広島県産「八反35号」は山田穂にお米の特徴が似ていて、伊勢錦と同様すっきりめの味わいに仕上がります。明利酵母らしい吟醸香もほどよく、甘さもほど良く口中に広がります。華やかタイプですが、後キレの良いお酒です。熟成によって甘味が増すと「ろくまる」らしさも増してゆきます。

原料米 八反35号 精米歩合 60%
日本酒度 +4 酸度 2.0
アルコール度 16.2度 酵母 明利系

720ml 1400円
数量
1800ml 2800円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



篠峯 ろくまる 山田錦 うすにごり生酒 29BY

 ほんのりフルーティな香りがあります。含みますと軽快な甘みとみずみずしい酸味が爽やかに広がる。ほんの少しピチピチとした微炭酸もとても心地良い。

上品でスマートな輪郭、ジューシーな含み香、キレの良い喉ごし、口中で感じたやさしい甘みを残しながら、すべり落ちます。

◎蔵元より
ろくまるシリーズの第三弾「山田錦」バージョンの「うすにごり」です。全量奈良県産の山田錦を使用、自社培養の明利系酵母を用い、吟醸香もほど良く、上品な甘さもほど良く口中に広がります。

原料米 山田錦 精米歩合 60%
日本酒度 +2 酸度 2.0
アルコール度 16度 酵母 明利系

720ml 1400円
数量
1800ml 2800円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



櫛羅 純米 無濾過生原酒 29BY

「櫛羅・くじら」は、酒蔵のある「御所市櫛羅」の地で、自作した山田錦を使い造り上げたお酒です。

すみきった爽やかな香り、含むとやわらかなコクと旨味があり、まろやかな味わいが口中に広がる。原酒らしい旨味をしっかり持ちながら、重く感じないのは適度な酸が、有効に働いているからだろう。

吟醸系の華やかさはないが、米の旨味やコク、余韻の豊かさ心地よさは、櫛羅ならではと言えるだろう。そして時と共にさらに深く味わいが熟してゆくお酒です。

体になじむといいますかバランスが良いので、つい飲みすぎてしまいそうなそんなお酒です。またお酒だけでも十分楽しめますが、和食などと味わうと美味しさをいっそう引き出してくれるお酒になっています。

原料米 櫛羅産山田錦 精米歩合 60%
日本酒度 +5 酸度 2.0
アルコール度 17度 酵母 協会9号

720ml 1500円
数量
1800ml 3000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



櫛羅(くじら) 純米吟醸 中取り生原酒  2017(29BY)

 当店でも人気・実力ともバツグンのお酒です。

艶々した透明感のある酒色で、フルーティ香りが静かに立ち上がる。含むと少しピチピチしたガス感があり爽やか、みずみずしい味わいが口中で広がり、ソフトでふくらみがあり、豊かなコクとやさしい甘味を感じます。

フルーティなんだけれど派手でなく、重くないのですがしっとりしたコクを持ち、いつまでも飲んでいたくなるようなバランスの良さをぜひ実感して下さい。

発売時の「春」はまだ少し硬い感じがしますが今後、時の経過とともにゆっくりと味わいが乗り、香りや旨味は更にふくらみ豊かになってゆくでしょう。

 今でこそ本当にたくさんのファンの方から支持を頂いておりますが、発売前の段階から、ネーミングやラベルをデザインされた「やゆたひと」の由来など。生い立ちからこれまでを良く知っているため、私にとって特に思い入れの強いお酒の一つです。

2001年9月16日撮影

 <蔵元より>
酒蔵のある「御所市櫛羅」の地で、自作した山田錦の純米吟醸です。米・水・気候・「櫛羅」の風土が創り出したお酒です。

左下の写真は、蔵のすぐ裏手にある千代酒造の田んぼです。後方に見える山すそは、葛城山(別名:篠峯)実っているのは、山田錦です。この山田錦から「櫛羅」は生まれます。


原料米 自作田山田錦 精米歩合 50%
日本酒度 +6 酸度 2.0
アルコール度 17.0度 酵母 協会9号

720ml 2000円
数量
1800ml 4000円
数量
表示価格は、本体価格(税別)です。



初めての方は、ぜひご覧下さい。ご注文の方法などです。 送料やお届けに関することです。 お支払いの方法についてです。
  ご注文の方法から、お届けまでを
   ご案内しています。
  送料や配達ご希望日の指定
   ギフト対応についてのご案内。
  各種お支払い方法についての
   ご案内をしています。
  お支払い規約   返品・交換について   プライバシー&個人情報について


トップページへ
大和の美酒へ 全国の美酒へ 焼酎リストへ